ブライダルローン おすすめ

ブライダルローンおすすめガイド

正規のブライダルローンよりメリットが大きい大手カードローン【全国対応】

��������� ���������でブライダルローンの検討をされている方は、ろうきんなど正規のブライダルローンより審査スピードも早い一般的なカードローンを利用される方が何かとオトクです。

 

いわゆるブライダルローンと呼ばれるものは一見、金利が低いので、良いと思いがちですが、実際は、借り入れするまでの手続きがとても面倒だったり、何より審査基準が結構厳しかったりしますので、そう気軽には借りれません。

 

しかし一般的なカードローンなら、面倒な手続きは全てネット上で完結し、融資決定までのスピードも早いので、正規のブライダルローンより圧倒的に便利です。

 

また、大手カードローンなら銀行や結婚式場などのブライダル専用ローンと違って『ブライダル以外』の用途でも利用可能なので、例えば引越し費用や新居の家具や家電の購入費用にも当てることができます。

 

しかもアナタがお住いの��������� ���������でも借入可能なので、田舎だから・・とか、都会でも近くに借り入れできる金融機関がない・・という理由で、ブライダルローンでは借りれない・・と諦める必要もないのです。

ブライダルローンと大手カードローンの違いとメリット&デメリットについて

ここではブライダル専用ローンと一般的なカードローンの違いを解説していきます。

 

ブライダルローン

  • いわゆる目的型ローンなので用途が限定される
  • 書類のやり取りと手続きが面倒なところが多い
  • 大手カードローンより金利は低いので返済の負担は少ない
  • 金利が低い分、大手カードローンより審査は厳しいと考えたほうがいい

 

 

大手カードローン

  • ブライダル以外の用途でも利用可能
  • 審査から融資決定までのスピードが早い
  • 全国から申込可能で、コンビニから借入&返済も可能
  • 金利はブライダル専用ローンよりも高め

 

という、大まかに分けるとこのような違いがあります。

 

結局、少しでも返済の負担を減らしたいなら、多少時間がかかってもブライダル専用ローンに申込んだほうが良いと思いますし、とにかく急いで結婚式や新婚旅行に行きたい!という希望があるのなら、迷わず大手カードローンから借入すべきでしょう。

 

要はアナタの希望によって借りるべきローンは違ってくるというのが正解ですが、借入後もいざという時に再度利用できたり、ブライダル以外の用途でも使える大手カードローンの魅力は大きいかなと思います。

アコム
アコム

最短1時間での融資も可能!

急いでブライダルローンを借りたいなら最短即日融資も可能なアコムが狙い目。街の看板やテレビCMなどで知名度も非常に高く、安心の三菱UFJフィナンシャル・グループだから初めての方にもおすすめ。借入&返済は街の至る所にあるアコムのATMはもちろん、三菱東京UFJ銀行のATMや各提携コンビニATMでも可能なので、全国どこにいても利用可能です。

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン

提携ATM利用手数料が全て無料!

ブライダルローンだけでなく様々な用途で活用されている銀行カードローンとして人気の高いのがオリックス銀行カードローンです。全ての提携ATMで1,000円から借り入れできますので計画的な利用も可能です。銀行カードローンならではの大口融資も可能ですので、海外挙式などある程度まとまった金額を融資してほしい方にも狙い目です。

プロミス
プロミス

セブン銀行のATMならスマホで借入&返済可能!

プロミスもアコムと同じように最短1時間での融資が可能なので、お急ぎの方にも推奨できるカードローンです。またプロミスの場合、セブン銀行ならスマホから借入&返済ができるので、いちいちカードを保つ必要がなくとっても便利!さらに初めて方限定で、30日間の【無利息サービス】も実施中です!(※メールアドレス&WEB明細利登録が必要)

SMBCモビット
SMBCモビット

WEB完結申込なら電話連絡なし!

SMBCモビットといえばやっぱり【WEB完結】申し込み。条件さえ当てはまれば、面倒な書類の郵送や、本来発生する勤務先などへの本人確認の電話連絡もなし!という大きなメリットがありますので、WEB完結を利用できる方ならSMBCモビットからの借入を検討すべき!またモビットの利用者は比較的大人の方が多いので、まさにブライダルローンを検討中の方にピッタリですね。

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

やっぱり安心のメガバンク銀行カードローン!

ノンバンク系のカードローンもいいけど、やっぱり安心して借りたい!という方は三井住友銀行カードローンが狙い目。日本三大メガバンクの一つである三井住友銀行のカードローンだから、まわりの目も気にすることなく利用できます。もちろんブライダルローン専用の金融商品ではないので、結婚費用はもちろん、新居への引っ越しや家電、家具などの購入にも利用されています


ブライダルローンで行われる審査とは、借りる側にちゃんと収入があるのかを確かめるというのではなくむしろ、申込を行った本人に借り受けたお金を返す可能性があるのかを審査します。
金融機関からの借り入れを検討しているというのなら、必要以上にバイト先をあちらこちらと変えないでいる方が、ブライダルローン会社での融資の審査には、いい印象を与えるというのは間違いなく言えることです。
銀行の系統は審査が厳格な傾向にあり、しっかりと返済できる顧客に絞って貸し出します。一方で審査が甘めのブライダルローン業者は、いくらかハイリスクでも、貸し出してくれます。
2010年6月の貸金業法改正に従い、ブライダルローン会社並びに銀行はあまり変わらない金利帯でお金を貸していますが、単純に金利のみ比較しようとすれば、断トツで銀行グループのローン会社のカードローンの方が低くなっています。
総量規制が適用される範囲を完全に理解せずにいると、せっせとブライダルローン系列のローン会社一覧を見つけてきて、手当たり次第に審査を申し込んでも、審査に合格することができない状況もあり得ます。

任意整理などによりブラックになった方でも融資してくれる中小のブライダルローン一覧があれば、借入を考えている時に有難いですね。差し迫った必要性があって融資が必要な時、融資可能なブライダルローンがちょっと見ただけでわかるようになっています。
大手以外のブライダルローン系ローン会社の場合は、若干は貸し付けの審査が緩めですが、総量規制の対象範囲となるため、年収等の3分の1を上回る債務があれば、それ以上借りることはできなくなります。
今月お金を借り入れして、給料を受け取ったら返しきることができるということであれば、すでに金利を考慮に入れる必要は全くありません。無利息でキャッシングできる便利なブライダルローンが存在するのです。
大抵は、多くの人が知るブライダルローン系ローン会社の場合は、年収の3分の1よりも多い借入残高があると、カードローンの審査を通過しませんし、他社からの借り入れが3件以上になっていても同様ということになります。
どこにすれば無利息というあり得ない金利で、ブライダルローンに借入を申請することが可能になると思いますか?当たり前のことながら、あなたも関心を持っているのではないでしょうか。ということで、注目してほしいのがテレビのCMや広告などでなじみのあるプロミスです。

このサイトをしっかり読んでおけば、あなたでもブライダルローン会社でキャッシングの審査に通る為の手段を身につけることができるので、面倒な思いをしてお金を貸し出してくれそうなブライダルローンの一覧表を探しまくる必要性はなくなります。
会社によって異なる金利のことが、比較しやすいように整序されたブライダルローン業者の比較サイトもいくらでもあります。金利についての情報は重視すべき項目なので、冷静に比較しなければなりません。
よく名前を聞くような銀行系列のブライダルローンなども、今では午後2時までに受け付けた申し込みなら、即日融資が可能にシステムが整えられています。普通は、借入のための審査に2時間くらいが必要とされます。
金利の安いところで借りると利息負担額も減ることになりますが、返済の際にすぐに行けるところにするなど、何やかやとそれぞれにブライダルローンのことで、じっくり比較したい点があって当然だと思います。
銀行系列会社のカードローンはブライダルローン系の業者と比較して、支払わなければならないローン金利が圧倒的に安く、借入限度額も大きいです。しかしながら、審査を進めるスピードや即日融資の可否に関しては、ブライダルローンの方がはるかに早くなっています、

他のブライダルローンと比較

上記でご案内した大手カードローン以外にも、いわゆるブライダルローン専用の金融商品はありますが、銀行が提供しているものはやはり審査が厳しいですし、融資までの手続きも非常に面倒です。。必要書類とかも色々必要になりますし。また結婚式場などが提供しているブライダルローンも、結局は保証会社が信販系のクレジット会社なので、一般的なカードローンと審査基準は変わりません。ただ、式場等が提供しているブライダルローンの場合、結婚式の会場が指定されたり、色々と条件が付くことがほとんどです。もちろんブライダル以外の利用は基本できませんし。向こうもそれを目的にブライダルローンを提供しているわけですから。。ですので、もし自分たちのウェディングプランをお持ちの場合はやはり利用用途が問われない大手カードローンを選択するのが賢いかなと思います。

よく検索されているキーワード一覧